本文へスキップ

非破壊検査とはcontent

1.非破壊検査の概略

    

2.非破壊検査の内容

1.見つけるべき欠陥
 ⑴製造欠陥 ⑵経年損傷 ⑶破壊力学
2.非破壊検査法の種類
 2-1 (VT) 目視検査
 2-2 浸透探傷試験の種類
   2-2-1 浸透探傷検査(PT)
    ⑴手順 ⑵浸透液の種類 ⑶浸透液の除去方法 ⑷現像剤の種類 ⑸何が得意か
   2-2-2 溶剤除去性染色浸透探傷試験 速乾現像法の手順
    ⑴使うもの ⑵方法と注意
 2-3 磁粉探傷試験(MT)
   ⑴原理 ⑵探傷の原理 ⑶磁化方法 ⑷磁化電波 ⑸磁粉 ⑹浸透探傷試験との比較
 2-4 渦電流探傷試験(ET)
   ⑴渦電流 ⑵交流回路 ⑶渦電流探傷試験 ⑷試験コイルの種類
 2-5 放射線透過試験(RT)
   ⑴放射線とは ⑵放射線の発生 ⑶放射線透過試験の原理 ⑷撮影方法
  2-6 (UT) 超音波探傷試験
  2-6-1 超音波と探傷装置の構成(UT-1)
     ⑴超音波とは ⑵探触子 ⑶探傷器 スイッチの入れ方 ⑷標準試験片
  2-6-2 超音波探傷試験の原理と実際の調整(UT-2)
     ⑴超音波探傷の原理 ⑵調整 ⑶STB-A1各部寸法の測定
  2-6-3 超音波に関する基本用語の説明(UT-3)
     ⑴音速 ⑵反射・通過・屈折 ⑶デシベル ⑷欠陥からの反射 ⑸指向角
     ⑹近距離音場 ⑺減衰 ⑻円柱面エコー ⑼積算効果
  2-6-4 垂直探傷(UT-4)
     ⑴探傷の準備 ⑵探傷
  2-6-5 斜角探傷(UT-5)
     ⑴三角関数 ⑵斜角探触子の走査 ⑶入射点の測定 ⑷STB屈折角
  2-6-6 斜角探傷できずの位置測定の練習(UT-6)
     ⑴入射点の測定と測定範囲の調整 ⑵斜め入射 ⑶斜角探傷の原理 
     ⑷距離振幅特性曲線 ⑸きず指示長さ 
  2-6-7 きずがある溶接の製作(UT-7)
     ⑴材料 ⑵接触媒質 ⑶探傷器の点検
  2-6-8 斜角探傷の距離振幅特性曲線(UT-8)
  2-6-9 溶接部の斜角探傷(UT-9)
     ⑴ビーム路程の計算 ⑵板厚と角度の数値の入力 ⑶接触媒質の塗布
  2-6-10 溶接の知識(UT-10)
     ⑴溶接部 ⑵妨害エコー ⑶妨害エコーの見分け方   
2-7 アコースティック・エミッション試験(AT)
2-8 赤外線サーモグラフィ試験





一般社団法人 日本非破壊検査協会
四国支部

〒770-8506
徳島県徳島市南常三島町2-1
徳島大学理工学部機械棟6F
TEL : 088-656-7378
E-mailはこちらから

ご訪問者数